電話でのお問い合わせは Tel:042-738-8444
|
スペシャルオファー
|
デジタルパンフレット
衛生と安全プロトコ-ル(手順)

衛生と安全プロトコ-ル(手順)

コロナにより世界は変りましたが、お客様とクルーの健康と安全を守ることは私共にとって最優先課題です。
国際保健医療機関と米国及び世界各国の地方自治体と協議しながら最新情報をもとに衛生と安全プロトコール(手順)を作成いたしました。
経験豊かなスタッフとクルーは特別なトレーニングを受け、公衆衛生担当官の助言と指示を受けております。
お客様が楽しみにされているリバークルーズをゆったりとお楽しみいただけるよう、クルーは細部まで気を配りお手伝いいたします。
リバークルーズ中に寄港する各国の旅行入国条件を満たしていることを確認することは、お客様の責任になります。
(各国の入国条件はAMAのホームページのTravel Entry Requirements:https://www.amawaterways.com/travel-entry-requirementsでご確認いただけます)。
注意:衛生と安全のプロトコールは、新しい情報が入りしだい順次改訂します。詳細は出発前の電子乗船書類でご案内します。
現在、アマウォーターウェイズでは、100%に近い接種率でリバークルーズを運航しています。
現在の海外渡航と入国条件に適用するために、このガイドラインを更新いたしました。
当社では宗教上、医療上、その他特別な理由により予防接種を受けていない少人数のお客様に対しワクチン接種を免除することにしました。
このような状況の方が数名ご搭乗される可能性があることをご了承ください。
ただし該当するお客様は、乗船前48時間以内にPCR検査または抗原検査を受けて陰性であること、または乗船前60日以内に新型コロナから回復した証明書を準備し、乗船時に提示することとしております。

お客様へ

初めての方も、何度もご参加いただいている方も、アマウォーターウエイズを信頼していただき、リバークルーズをご用命いただいたことに深く感謝申し上げます。船内でも上陸観光でも、お客様をお守りするために次の手順を組んでおります。

クルーズ出発前

オンライン健康問診
出発前にオンラインで問診票にご入力いただき、健康状況を確認いたします。
出発21日前までにこの書類を入力し、ワクチン接種証明書をアップロードしてください。
注意:出発7日前にチェックインは終了します、その後は入力できませんのでご了承ください。書類が未入力の場合、乗船は致しかねますのでご注意ください。

船内

フェイスマスク
プロトコール(手順)は常に改善しております。
現時点で、パブリックスペースと、船内移動の際にはマスク着用が任意になりました。
寄港地での観光、公共交通機関や弊社バス利用時には、N95またはKN95またはFFP2タイプのマスクが必要です。
マスク着用の要・不要は各寄港地の地方自治体が決めます。
着用が発表された場合には船内のギフトショップで販売しますが数に限りがありますので、十分な数の上記マスクをご持参下さい。
注意:布マスクはご利用いただけませんのでご注意ください。
各地の入国最新情報は、アマウォーターウエイズ HPの入国条件ページでご確認ください。
https://www.amawaterways.com/travel-entry-requirements

洗浄と消毒
お客様やクルーが自由に利用できる消毒液スタンドを船内各所に配置し、手指の消毒をしていただきます。
クルーは船全体の清掃と消毒の手順を強化し実施しています。
船内では、パブリックスペースの清掃回数を通常より増やしております。
階段、パブリックスペースのトイレ、ラウンジのソファー肘掛け、手すりなどは特に気を配ります。
パブリックエリアの定期的な消毒には、病院で使用する消毒液と同等グレードのものを利用しています。
お客様の乗下船日には、船全体で特に徹底した消毒を実施します。
客室は、いつも決まったスチュワードが1日2回清掃します。

きれいな空気
最先端のファンコイル型エアコンユニットを装備しており、船内の空気を循環使用する事はありません。
客室、フィットネス、マッサージ、美容室などのパブリックエリアも最先端のAHU空気調和機とファンコイル型エアコンユニットを装備しており船内の空気は常に新鮮で清潔です。
最新式の暖/冷房装置であるファンコイルユニットは客室の入口近くの天井に設置されています。
メインパブリックエリアのラウンジやレストランでは常に清浄な空気を保つため、それぞれの部屋に高品質のエアーフォグシステム(循環式冷風ではなく、ミストで冷却)を設置しています。
ヨーロッパ船では、空気を冷やして船中を循環させる通常のエアコンシステムは、使っておりません。

安全なダイニング
ダイニングルームでは、安全な社会的距離を保つ手順を実施しています。
親身なサービスと社会的距離や飲食の安全基準を守ります。
今までビュフェで提供していたメニューと同等のものを、クルーがお客様のテーブルまで運びます。
お客様の健康と安全を守る為に、必要に応じて、レストランやラウンジでの社会的距離に関するその他の規則や手順を追加する場合があります。

エクササイズとウェルネス
自転車、フィットネスマット&マシンは、前の利用者の使用後は徹底して消毒を行っており、新鮮な空気の中で安心して運動ができます。
フィットネスルームは予約制とし、利用者の入れ替わりの間に消毒します。
ヨーロッパとアジアでは、専門的なエクササイズのトレーニングを受講したウエルネスホストが、船内のウエルネスアクティビティでお客様を指導します。
クラスは少人数です。天候が安定していれば、広々としたサンデッキで行われます。

不要の訪問は許可されません
今までは、クルーズの下見のためにトラベルアドバイザーや他のリバークルーズ船のお客様の見学など、少人数の訪問者の乗船を許可していました。
今後はお客様とクルーの安全のために、必要不可欠な場合を除いて外部の方の乗船はお断りします。

寄港地で

社会的距離を保つテクノロジー
お客様一人々にご利用いただくヘッドセットで、社会的距離を保ちながらガイドの案内を聞くことができます。
クルーズ期間中、アマウォーターウエイズはお客様一人々にガイド用レシーバーセット(Quietvox)を提供します。
お部屋で充電できる大容量バッテリー付きのポータブルヘッドセット(Quietvox)は、観光中も社会的距離を保ってガイドの説明を聞くことができます。
乗船時にヘッドセット用の新品のイヤホンをお渡しします。
ご自身のイヤホンを使用することも可能です。

寄港地を楽しむ
寄港地観光は少人数で行います。バスを乗り降りする際には、必ず手指を消毒して頂きます。
バスは毎朝丁寧に清掃と消毒を行います。 公共の交通機関をご利用の際も必ずサージカルマスクを着用して下さい。
国や地域によって規則が異なります。サージカルマスク(医療用マスク)を持参して下さい。
最新の情報はアマウォターウエイズの旅行の入国条件でご確認ください。
https://www.amawaterways.com/travel-entry-requirements
港によっては、数隻の船が並んで停泊します。上陸する際は、隣に停泊している船を通る必要があります。
その場合はサンデッキを通過します。 桟橋が少ない寄港地では、アマウォーターウエイズの船の横に他の船が横並びに停泊することがあり、外側(桟橋から遠いほう)の船のお客様は、上陸するために他船を通らなくてはなりません。
外側の船のお客様は、一度自船のサンデッキに上がり、渡り板で内側の船のサンデッキに出て岸側の舷側階段を降り、桟橋に下船します。
船の手すりは頻繁に消毒します。

クルーについて

クルーズの前

クルーの健康診断
乗船前に医療機関で検査と一定期間の隔離、健康と安全についての詳細なトレーニングを受けます。
常にマスクを着用し、社会的距離を守ります。
クルーは乗船前に、認定医療機関の健康証明書を提出し、ワクチン接種済みでコロナウイルスの検査を受けます。
陰性を確認後、一定期間の隔離を終えた後で乗船します。

船内にて

クルーのトレーニング
クルーは全員、国際保健機関ならびに各国の保険機関と相談しながら、本社が指定した専任衛生管理官の監督の元、詳細な強化衛生運用プロトコール(手順)のトレーニングを受けます。
各船には専用衛生管理官が乗務、お客様とクルーの健康と衛生に関する全てを監督します。

検温
1日2回の検温を行い、常に体調を観察しながら、感染の症状が健康管理を徹底します。

マスクの着用
勤務時間中、クルーは常にフェイスカバーを着用します。